労災でなく傷病手当金とは

会社の業務が原因でなく病気、怪我などをして就業できない時健康保険組合から手当てがでます。
条件は、次の項目が全てあてはまることが必要です。
会社の業務以外で療養中であること、被保険者であること、療養のため労務不能であること、4日以上会社を休んでいること、給与支払いがないことすべてがあてはまれば傷病手当金が支給されます。
療養中の病気が美容整形などは対象外です。
就業不能の判断は、被保険者の業務内容、医師の意見などからします。
協会健保の場合、給付額は、1日につき標準報酬日額の3分の2相当が支払われます。
支払われる期間は、同じ傷病で支払いを開始した日から最長1年6ヶ月支払われます。
なお傷病手当金の申請は、会社の給与支払い証明が必要となります。