健康保険の傷病手当金について

怪我や病気で仕事を休む場合に、被保険者に対して、健康保険から傷病手当金が給付されます。
給付の条件としまして、病気や怪我で療養中であること、療養のため労務不能であること、4日以上仕事を休んでいること、給与の支払いがないことです。
支給額は、標準報酬日額の3分の2に相当する金額が支払われます。
ただし、傷病手当金の額より少ない給与が支払われている場合は、その差額が支払われます。
傷病手当金の支給期間は、最長1年6ヶ月までとなっております。
計算方法は、暦の上での計算した期間であって、実際に受給した期間ではありませんので、注意が必要です。
退職後も条件が合えば引き続き傷病手当金を受け取ることができます。
一つは、退職日までに継続して1年以上の被保険者期間があることと、資格喪失時に、手当金を受けているか、または受ける条件を満たしている事です

オフショア開発